葬儀後に関すること

寺と緑

「忌中」「忌明け」「忌服」など、一般的によく用いられる言葉ですが、どのように使い分けをされているのでしょう。「忌」とは死を忌みはばかるという意味で「忌中」とは死を忌みはばかる期間のことをいい、「服」とは喪服を着て身を慎む期間の意味です。仏教では亡くなって四十九日を厄明けとしていますので、亡くなってから四十九日間が「忌」の期間で、その後は「服」の期間に入ります。これは亡くなってからの日数で、葬儀からの日数ではありません。また、「喪中」は忌と服を合わせた期間で、一年間とされています。神式では亡くなって50日目に行う「五十日祭」を忌明けとして、喪中は一年間です。葬儀を終えた後や喪中には結婚式などの慶事ごとへの参加や神社への参詣などは控えた方がよいとされています。

仏教では人が亡くなると四十九日間は死者の魂は迷っているといわれています。これを定めるために死亡した日を含めて七日ごとに七回、あの世で生前の罪状などを裁く審判があるとし、四十九日は衆生が次の生を受けるまでの期間で遺族は葬儀後も、故人が極楽へ行けるように読経したり斎戒などの善事を行動し、追善供養の法要を行います。四十九日まで七日ごとの忌日には葬儀の読経をあげてくれた僧侶を呼んで供養するのが本式ですが、近年では初七日の法要後は四十九日に法要を営むのが一般的になってきています。四十九日は故人にとって最後の審判が下される日で、この日を持って霊が家から離れていくとされていて、「忌明け」の日となり四十九日までを「中陰」、四十九日当日を「満中陰」と呼びます。