永代供養サービスとは

鳥居と建物

少子化や核家族化が進む現代において、お墓の問題はかなり難しい状態だと言えます。従来通りの墓制度では、墓を引き継ぎ、管理する人がいる事が前提でした。しかし、もはやそんな状態ではないでしょう。墓を引き継ぐ人がいない或いはいても遠方に住んでいて管理できないという状況がすでに多数の家族、墓地に起こっています。 このような状況の対策として最近では永代供養という方法を選択する人が増えています。永代供養は親族に代わってお寺が供養や管理を行ってくれる制度です。墓参りなどの手間が省けることや一般的に料金が安いこと、宗派を問われ無い事が多いなどの理由で急速に広まりつつあります。料金は形式や管理する寺によって様々ですが、一式の平均としては30万〜50万円位が多いと言われています。

永代供養の料金は永代供養料と納骨法要のお布施、墓誌に名を入れる刻字料等があります。一式料金にすべて含まれている場合もありますし、寺によっては別途設定されていることもあります。最初からお骨を土に還す合祀の形なのか、一定期間安置してその後合祀するのかなどの納骨方法によっても料金設定は違いますので確認が必要です。その後の供養や管理の内容によっても変わりますので、一概に料金を比較することはできません。 お寺や内容によっては100万以上の料金ということもありますが、通常は一定期間お骨を安置する形式で30万円位からとなっています。最初から合祀する形式であれば10万円台から行っている寺もあります。また、さらに低価格の永代供養サービスを行っているところも出てきていますので、これから料金の幅が広がると思われます。